薬剤師転職である引き留めについて

薬剤師転職 > 薬剤師の退職・転職「引き止めをクリアしましょう」

薬剤師の退職・転職「引き止めをクリアしましょう」

薬剤師の転職活動は、自身にマッチした求人を選び、エントリーし、書類選考や面接をパスするだけではありません。 魅力的な薬剤師求人先を見つけ出せたとしても現在の職場を退職できなければ転職ができないのです。 薬剤師に限った事ではありませんが、円満退社あってこその転職成功といっても過言ではないでしょう。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

薬剤師が「退職」が出来なかったケースのほとんどは「引き止めをクリアできなかった」事が理由になります。 この「引き止め」というのは、どんな職場であれ退職を申し出た際に必ずと言っていいほど行われる儀式のようなものです。

何度話しても同じような「引き止め」をされてしまい話が平行線のまま進まなかったり、配属部署や給与面を変更・優遇するなどしてあなたの退職をどうにか引き止めようとされるでしょう。 しかし、人生のなかでそう何度も「退職」や「引き止め」を経験した人はいらっしゃいません。

強く引き止められると自身の意思を通す事が難しくなってしまう薬剤師も珍しくはないのです。 だからこそ、「引き止め」には強い意志を持って挑んで下さい。 退職の意思をは出来るだけ早く直属の上司へ伝え、退職の時期を明確に伝える事もポイントです。
石川県立中央病院

法律上、退職の意思は二週間前までに伝えるべきとありますが職場で定められた規定によってこれも様々です。 引き継ぎの期間も考慮し、可能な限り早めに伝えるよう心がけて下さい。 また、転職先の入社時期も考慮した「退職時期」を明確に伝えるようにしましょう。

しかし、どんなにマナーを守って伝えたとしても、「引き止め」は必ずされると考えておいて下さい。 あなたの退職で現在の職場に迷惑を掛けてしまう事は確かですが、この度の転職は「あなたが」「あなた自身」の為に行った事である事を忘れないで下さい。

上司が「職場の都合」のために行う「引き止め」よりも、重視すべきなのはあなたの決意なのです。 自身の意思をしっかりと伝えましょう。