助産師転職のポイント

助産師の方が転職をしようと思った場合、転職アドバイザーや転職エージェントと呼ばれる人が力を貸してくれる転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職をする理由はそれぞれ違います。 資格を取っていざ働き始めたものの、自分が思っていたような職場ではなく第二新卒として働けるところを探しているという方もいるでしょう。

他にも、キャリアアップを目指して何度も転職を繰り返している方や、ブランクのせいでなかなか転職がうまくいかない方もいます。 転職を成功させるためには、自分にとって最適な職場を見つけ、応募することが大切です。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

ただ、助産師の求人がたくさん出ているので、どこが自分にとって最適な職場かというのはなかなかわかりませんよね。 そういった場面でも転職サイトのエージェントの方が力をかしてくるため、転職に成功したい、失敗したくないと思っている方は転職サイトの利用を検討してみてくださいね。

サイトに登録した後はどのような流れになるのかというと、まずはアドバイザーの方から連絡が入ります。 次に希望する職場などに関して正確に伝えるためのカウンセリングを受けるというのが一般的です。

流れの速い転職サイトであればその場ですぐに条件に該当する転職先を探してもらうこともできます。 提示された求人に問題がなければ応募という形になり、次は応募のために必要になる履歴書と職務経歴書を書くという流れです。

これらの選考書類に関する書き方がよくわからないという方もいるかもしれませんが、転職サイトを利用すればエージェントの方に書き方の相談をすることもできるため、面接に通りやすい選考書類を作ることができます。

特に転職経験があまりないという方にとって履歴書や職務経歴書というのはなかなか難しいものなので、アドバイスを受けながら好印象を与えられる書類を作成しましょう。

自分が考えた書類の添削なども行ってもらえるため、転職成功率をできるだけあげたいと思っている方はぜひ利用してみてください。

ブランクのある助産師は転職が難しい?

助産師に限った話ではありませんが、結婚や出産、子育てなどで職場を離れた後に復帰しようと思った際にはブランクがネックになってしまいますよね。 助産師の場合、ブランクはどのように響いてくるのでしょうか。

現在は助産師不足の状態となっています。 そのため、人手が溢れている職業に比べるとブランクから復帰しやすいといえるでしょう。

また、助産師不足に悩んでいる病院や助産院ではブランクから復帰するためのサポートを行っているところもあります。 例えば、小さい子どもがいたとしても働けるように院内保育設備を整えるなどしてママさん助産師を助けてくれるのです。

近年は待機児童の問題が大きくなっており、働きたいと思っているものの子どもを預けられるところが見つからず、断念しているという方も多いですよね。 院内保育設備が整っている職場であれば安心して働くことができます。

自分はブランクがあるから就職するのは簡単なことではないはず…と諦めていた方も、ぜひ求人情報を探してみてください。 ブランクありでも歓迎としている求人もあるため、そのようなところに応募をすれば安心ですね。

助産師の資格を取得するのは簡単なことではないため、せっかく手にした資格を無駄にしてしまうのはもったいないことです。

助産師という仕事はいつ生まれるかわからない赤ちゃんのために万全の態勢を整えていなければならないため、生活が非常に不規則になります。 そのため、結婚や妊娠をきっかけに職場を離れる助産師の方は非常に多いです。

一度職場から離れてしまうともう戻れないのではないかという不安があるかもしれませんが、子育てが落ち着いてからでも雇ってくれる職場を見つけることは難しくありません。

自身も出産を経験すればそれが助産師としてのスキルアップにもつながるため、妊娠をしたからといって助産師を辞めてしまうのではなく、落ち着いたら働ける職場を探しましょう。

なかなかブランク支援に力を入れている職場が見つからないということであれば助産師専門の転職支援サイトを利用するのがおすすめです。

薬剤師の退職・転職「引き止めをクリアしましょう」

薬剤師の転職活動は、自身にマッチした求人を選び、エントリーし、書類選考や面接をパスするだけではありません。 魅力的な薬剤師求人先を見つけ出せたとしても現在の職場を退職できなければ転職ができないのです。 薬剤師に限った事ではありませんが、円満退社あってこその転職成功といっても過言ではないでしょう。

薬剤師が「退職」が出来なかったケースのほとんどは「引き止めをクリアできなかった」事が理由になります。 この「引き止め」というのは、どんな職場であれ退職を申し出た際に必ずと言っていいほど行われる儀式のようなものです。

何度話しても同じような「引き止め」をされてしまい話が平行線のまま進まなかったり、配属部署や給与面を変更・優遇するなどしてあなたの退職をどうにか引き止めようとされるでしょう。 しかし、人生のなかでそう何度も「退職」や「引き止め」を経験した人はいらっしゃいません。

強く引き止められると自身の意思を通す事が難しくなってしまう薬剤師も珍しくはないのです。 だからこそ、「引き止め」には強い意志を持って挑んで下さい。 退職の意思をは出来るだけ早く直属の上司へ伝え、退職の時期を明確に伝える事もポイントです。
石川県立中央病院

法律上、退職の意思は二週間前までに伝えるべきとありますが職場で定められた規定によってこれも様々です。 引き継ぎの期間も考慮し、可能な限り早めに伝えるよう心がけて下さい。 また、転職先の入社時期も考慮した「退職時期」を明確に伝えるようにしましょう

しかし、どんなにマナーを守って伝えたとしても、「引き止め」は必ずされると考えておいて下さい。 あなたの退職で現在の職場に迷惑を掛けてしまう事は確かですが、この度の転職は「あなたが」「あなた自身」の為に行った事である事を忘れないで下さい。

上司が「職場の都合」のために行う「引き止め」よりも、重視すべきなのはあなたの決意なのです。 自身の意思をしっかりと伝えましょう。

ページの先頭へ