治験コーディネーター(CRC)として活躍する薬剤師になる

薬剤師の転職先として、近年注目を集めているのが「治験コーディネーター(CRC)」のお仕事です。 薬局や病院で活躍する薬剤師とは違い、「治験コーディネーター(CRC)」は企業で働く薬剤師です。 その為、その他の薬剤師と比較して少々毛色が異なる印象が強いのではないでしょうか。

そもそも「治験コーディネーター(CRC)」として勤める薬剤師の業務内容とはどのようなものなのでしょう。 「治験コーディネーター(CRC)」が活躍する現場は、その名の通り「治験」です。

治験とは新しく開発された薬の安全性や効果・また副作用についてを調べるために行われる臨床実験なのですが、その実験には医師や看護師、スタッフ、そして被験者となる患者さんなど様々な方が関わります。 「治験コーディネーター(CRC)」は、そんな治験の現場に携わる方々の間に立ちより安全でスムーズな治験が実施されるよう促す重要な役割を果たしているのです。

具体的には、被験者となる患者さんへ処方や副作用についての説明を行ったり検査のスケジュールを管理したり、データの整理や管理などがその業務内容となっています。 被験者となる患者さんは医療従事者ではありませんので、専門用語を多用しない分かりやすい説明が求められます。

また、多くの場合患者さんは不安を抱いてもいますので心配や疑問を払拭し安心して治験に参加できるよう促す必要もあるでしょう。 治験に携わる方々の橋渡しのような役割を担っていますので、薬剤師としての知識はもちろん高いコミュニケーションスキルが求められます。

新薬の開発に携わるやりがいの大きい仕事であると同時に、企業への就職となる「治験コーディネーター(CRC)」は「土日が休み」である事も大きな魅力といえるのではないでしょうか。

「薬剤師」を求める企業求人は少なくありません。 中にはMRなど「治験コーディネーター(CRC)」以外の求人も多く存在しています。 企業への転職にメリットを感じている人は、「治験コーディネーター(CRC)」以外の選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ