ドラッグストアで活躍する薬剤師になる

薬剤師が活躍できる職場には調剤薬局や製薬会社など様々な仕事があります。 なかでも「ドラッグストア」でのお仕事は、調剤薬局で働く薬剤師と比較して高収入である事が多く人気の高い就職・転職先といわれていますね。 転職先の候補として考えている薬剤師の方も多いのではないでしょうか。

たしかに「ドラッグストア」の薬剤師は収入面も優遇されていますし、お店によっては残業がなく休日の確保もできるといったケースも多く魅力的な求人ではあります。 しかし、「ドラッグストア」での業務は薬局で働く薬剤師とは大きく異なります。

適性や性格が合わなければストレスが溜まりミスマッチが起こる事も珍しくはないのです。 どのようなタイプが「ドラッグストア」に向いているのか、そして自身はそのタイプに当てはまるのかをきちんと見極めて下さい。

「ドラッグストア」で販売されているのはお薬だけではありません。 食品や化粧品、サプリメント、日用品、生理用品、これらお店で販売している商品への知識もある程度必要になってくるでしょう。 また来店されるお客さんの中には薬剤に対しても「お店のスタッフ」として質問や案内を求める方が少なくありません。

日々来店される様々なお客さんへの接客をストレスに感じるタイプの方もいらっしゃるでしょうが同時に「ドラッグストア」で働く薬剤師のやりがいにもつながります。 高いコミュニケーションスキルと、接客業を苦に感じない資質が必要になってくるでしょう。

また、「ドラッグストア」で勤務する薬剤師は時にレジ打ちや店内の清掃、商品の陳列などの業務をこなす事もありますので病院内の薬局や調剤薬局で活躍する薬剤師の業務と比較してハードである事も確かです。 「収入がいいから」と目の前のメリットに飛びついてしまう前に、「本当に自分に向いているのか」を一度見つめなおしておきましょう。

「薬剤師の転職支援サイト」で、内部に精通したコンサルタントからのアドバイスを受ける事も考えてみましょう。 「ドラッグストアー」の求人があなたが希望している条件に当てはまっているのか、冷静で客観的な意見を聞く事も参考になるはずです。

ページの先頭へ