独立を目指す薬剤師の方

薬剤師の就職・転職口には様々なスタイルがあり、転職活動を行う薬剤師の方は自身に合った選択肢から新しいスタートを切る事が出来ます。 そんな中には、将来的に「独立」したいと考えている志の高い薬剤師の方もおられるのではないでしょうか。

自身で独立して調剤薬局をはじめる夢は決して不可能ではないかもしれません。 とはいえ、リスクが大きい事はたしかです。夢とリスクを天秤に掛けて後悔の無い選択をしましょう。

「独立」を目指す薬剤師の方には何らかの理由があるはずです。 漠然と「独立したい!」と考え始めた場合イメージもわき辛いのではないでしょうか。 「もっとココを改善できるはずなんだけど・・・」「私なら、こうするのになあ・・・」そんな些細な事から始まる志かもしれません。

小さな理由でも、確固たるものを持っておいて下さい。 なぜ独立したいのか、独立してどうしたいのか、揺るぎない理由をもっているのとそうでないのとでは、決意の強さも大きく差があるはずです。

また、もしも現在「正社員」や「契約社員」の薬剤師として勤めているのであれば「パート」「アルバイト」の職場へ切り替えておく事も必要かも知れません。 フットワークを軽くしておく事で、いつくるかもしれないチャンスやタイミングを逃さない準備をしておく必要があるのです。

そのチャンスやタイミングは、いつくるのか分かりません。 比較的早くやってくるかもしれませんが、数年たっても状況が好転しないケースもあるのです。 リスクは大きいですが、「独立」にはそれほどの覚悟が必要だという事です。

「独立」を目指す場合、自分だけの知恵ではどうしても不安が多いかと思いますので「薬剤師の転職支援サイト」でコンサルタントのアドバイスを受ける事もオススメしておきます。

「薬剤師の転職支援サイト」が「独立」をバックアップしてくれるわけではありませんが、将来的に「独立」しようと考えている旨を伝えておけば、それを踏まえた求人選びやアドバイスを受けられるはずです。 疑問や不安は少しでも軽くして、夢を叶えましょう。

ページの先頭へ